子宮内膜症

どんな病気?
子宮内膜症は、本来は子宮にしか存在しないはずの内膜組織が、子宮以外の場所(卵巣、腹膜など)に存在し、月経周期に伴って、増殖したり剥がれたり、を繰り返す病気です。

 

 

何が起こるの?
子宮内膜であるので、体の女性ホルモンによって増殖したり剥がれて落ちたりします。
子宮内で起こる場合は、月経血として腟から流れ出ていきます。
しかし、子宮以外の場所で増殖した内膜組織はお腹の中とどまります。
それによって、痛み、炎症、癒着の原因になります。
この病気はずっと続きますか?
子宮内膜症は、女性ホルモンのエストロゲンに依存します。エストロゲンによって子宮内膜が増殖し、生理を迎える時に内膜が剥がれ落ちます。
そのため、初経から閉経までの生殖可能年齢の年齢は20代~40代の女性に発症します。
チョコレート嚢胞とはどのような病気ですか?
子宮の内膜組織が卵巣で増殖した場合、卵巣内に嚢胞(のうほう)といわれる袋を形成します。この嚢胞内に月経周期で内膜がはがれることで、古い血液がたまります。
これが茶色くチョコレートのように見えるため、チョコレート嚢胞と呼ばれます。
ガンとは関係ある?
特に卵巣にできる卵巣チョコレート嚢胞の場合、卵巣癌の発生する危険性が高いことが知られていますが、その頻度は1%にも満たないといわれています。

 

 

症状は?
子宮内膜症は内膜組織がどの部位にあるかによっても症状はさまざまで、その程度も人それぞれです。なかには、何の自覚症状もなく、他の手術のときに、たまたま見つかったという人もいるくらいです。
お腹の中にある時には腹痛、ダグラス窩といわれる、子宮の後ろ(背中側)の場合は腰痛などがあります。
治療は?
治療方法には、手術療法と薬物療法があります。
治療の優先順位は、いつ妊娠を希望するかによって変わります。
比較的嚢胞(のうほう)が小さいものや、症状が軽い場合は、薬のみで治療する場合もあります。
薬物療法には対症療法と内分泌療法があり、痛みを抑えることを目的に鎮痛剤を使ったり、必要に応じてホルモン剤を使った内分泌療法などを追加します。
しかし、これは根本的な治療ではないので、定期的に検査を受けて、経過をみていくことが大切です。
大きい卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)が見つかった場合は、破裂やがんのリスクを避けるために手術療法を行うこともあります。

 

不妊症になる?
子宮内膜症の30~50%が不妊を合併しているといわれてます。
子宮内膜症の症状の一つに不妊はありますが、必ずしも全員不妊になるわけではありません。
子宮内膜症があっても自然に妊娠・出産する方もいます。しかし、病状が進むと妊娠に悪い影響があるといわれています。早期から治療していくことは将来の不妊を防ぐことにもつながります。