食道がん

食道がんとは?
食道に発生する悪性腫瘍です。

 

どのような症状がありますか?

発症してすぐはなんとなく食道が『しみる』感じがする程度で、ほとんどは無症状ですが、進行するとさまざまな症状が出てきます。

進行がんの場合、硬いものが飲め込めない、体重が減る、胸・背部痛、声がかすれる、咳といった症状がでることがあります。

 

どのような人がなりやすいですか?
・50歳以上の男性
・長い期間喫煙・飲酒歴がある
・熱い飲食物をよく食べる
・野菜・果物の摂取不足このような人がハイリスクとなります。

 

どのように診断しますか?
食道内視鏡検査にて診断します。
内視鏡にて、発赤や粘膜に凹凸があったり、色素で染めて診断します。

 

治療としてはどのようなものがありますか?
どのくらいまでがんが広がっているかにもよりますが、早期のものに対しては、内視鏡にて治療可能です。
進行がんでは、外科的手術、放射線化学療法等の治療が必要となります。