胃潰瘍(十二指腸潰瘍)

潰瘍とはなに?
胃や十二指腸の粘膜に生じる、深く組織が欠損してしまった状態です。

 

発生原因は何ですか?
年齢によって大きく原因は別れます。
胃潰瘍は40代以降に多く
十二指腸潰瘍は10~20代が多いとれていますいます。
胃潰瘍は約70%、十二指腸は約90%はピロリ菌が、残りは頭痛薬や生理痛薬などの痛み止めが発症原因として考えられています。

 

症状は?
お腹の上あたりの痛みが典型的です。
更に、
・お腹の膨れた感じがする
・気持ち悪さ
・嘔吐
・食欲の低下
などもありますが、無症状の場合もあります。
治療法は?

胃粘膜からの出血がある場合は、輸液や輸血などを優先して内視鏡で出血源を止めます。

出血がない場合
ピロリ菌がある場合は除菌を、痛み止めを飲んでる場合は中止したり、胃酸を止める薬を飲みます。