アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは?
かゆみのある湿疹が良くなったり、悪くなったりを長期的に繰り返す皮膚の病気です。
アトピー性皮膚炎とはどのような病気ですか?
根本には皮膚の乾燥とバリアー機能異常があるといわれています。
そこへ外部からの刺激やアレルゲンによるアレルギー反応が加わって発症すると考えられています。

 

治るの?
良くなったり、悪くなったりを繰り返す、慢性的な病気ではありますが、一般的には成人までには治ることが多いとも言われています。適切な治療をきちんと受ければ、治ったと同様の状態になることが期待できます。
症状は?
年齢によって皮膚の性状や場所がかわってきます。
一般的に左右対称的にできるといわれています。
乳児期
一般的に、顔に湿潤性 (赤みがある、じゅくじゅくしてる)で、とくに口の周りなや頬に現れます
幼小児期
乳児期の頭部分から皮膚炎が下がってきます。幼小児期には、肘や膝など手足の関節部分に多くみられます。また、耳切れとよばれる、耳の付け根にも発疹があらわれます。
思春期・成人期
下半身よりも上半身で発疹がよくみられ、顔、首から胸にかけて、乾燥傾向(ごわごわ硬くなって盛り上がる)の発疹出るようになります。

 

どんな人に起こるの?
アトピー性皮膚炎は、アレルギー反応が要因と考えられています。そのため、もともとアレルギー体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多くみられます。
検査は?
採血にて、アレルギー反応に関与する好酸球数、IgE抗体などの値を調べたり、皮膚を引っ掻いて各種のアレルゲン(ダニ・ハウスダスト、カビ、食物など)による反応をみるスクラッチテストをします。
治療について教えてください。
アトピー性皮膚炎の根本は、では皮膚のバリアー機能の低下です。
皮膚を清潔に保ち、保湿することがポイントとなります。
入浴、シャワーをし、刺激の少ない石鹸で軽く洗ってください。
保湿剤を1日2回ほど塗り、炎症を抑えると共に、スキンケアをきちんと行います。
また、炎症(皮膚が赤い、熱を持つ、腫れる、痛みあるいはかゆみ)がみられる場合は、湿疹部分にステロイド外用薬を塗り、抗ヒスタミン薬を内服することもあります。