うつ病Q&A

うつ病とは?
精神的・身体的ストレスが重なったり、その他さまざまな要因が重なり、脳の機能障害が起きている状態です。
脳の機能がうまく働いていないので、普段なら感じる『楽しい』という感情やとものに興味をもつことができなくなったり、否定的になったり、自分がダメ人間だと感じてしまいます。
症状は?
睡眠薬を飲んでも眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、前は興味があったものの興味がなくなる、何をしても楽しめないといったことが続きます。
どのくらいの人がうつ病なの?
実は、うつ病の患者数は増加しているんです。
約73万人、おおよそ16人に1人が、生涯にうつ病を経験しているとも推定されています。
なので、うつ病は身近な病気だと言えます。
気分が落ち込んだらうつ病なの?
だれでも、悲しいことや不安なことはことがあると気持ちが落ち込みますよね。しかし、うつ病は、ほとんど一日中、毎日2週間以上この状態が続きます。
単に一時的な感情ではありません。このうつ状態によって、生活に支障が出たり、仕事もできなくなってきます。これがうつ病なんです。
治療方法は?
本人の休養、精神療法、薬物療法などがあります。ポイントとなることは、本人がゆっくりと休養をとることです。
精神療法とは?
精神療法には精神療法には認知療法や対人関係療法などがあります。医師や専門のカウンセラーが患者と対話をして、問題を解決する方法を患者とともに探して生きます。
治療薬は何を使うの?
主に使われるのは抗うつ薬です。
主に、脳のセロトニンやノルアドレナリンに作用する、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)、NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ剤)が使われます。
周りの人が気をつけることは?
うつ病の方に頑張るように励ましたり、大きな決断(引っ越し、結婚、離婚、転職など)をさせないようにしましょう。
また、過剰に援助することはやめましょう、うつ病の方にとっては、回復をあせってしまい、返って逆効果になってしまいます。
うつ病の方を安心させるためにも、今までと変わらない態度で接することが大切です。
医師にうまく状態を伝えるには?
うつ病といっても、心だけではなく、体にもさまざまな症状が現れます。診察の前につらいと感じていること、症状や困りごとなどを記録して、まとめておくといいと思います。