光老化ってなに?

UVAとUVBから勉強しよう

みなさん、光老化という言葉をしっていますか?

なんと、いまや肌の老化の約80%は紫外線が原因と言われています。

 

それでは原因となる紫外線の説明からしていきたいと思います

紫外線について

太陽の光の中で、

地表に届くエネルギーの約6%が紫外線、約52%が可視光線、約42%が赤外線と言われています。

 

地上に達する生物に最も強く作用するのは波長の短い、紫外線です。

短い波長の中でも10〜290nm はオゾン層に遮られて地上には届きません

地上に届く紫外線は、UVAとUVBです。

わたしたちの体を紫外線から守るために皮膚があります。

UVB  290〜320nm

 

UVBは真皮と言われる、皮膚の浅い部分侵入し、ケラチノサイトといわれる皮膚を構成する細胞や、メラニンをつくるメラノサイトにエネルギーを吸収され、細胞に影響を引き起こして、日焼けや、肌が黒くなったりします。

またUVBの影響で表皮(皮膚の浅い層)に活性酸素というや過酸化脂質などのが増え、抗酸化作用が低下することで老化の原因になります

 

さらに長期間UVBを浴びることにより、光老化や皮膚癌を引き起こします。

UVA  320〜400nm

UVAはUVBに比べて皮膚の深い層まで到達します。

日焼けは起こしませんが、メラニンを参加させて色素沈着をおこします。

また、真皮(皮膚の深い層)で膠原線維といわれる皮膚を構築する線維が変性したり、真皮が薄くなることで老化します。

 

どちらにせよ、UVAもUVBも光老化を起こすことに変わりはありません

紫外線の特徴がわかったところで、光老化についてご説明します。

光老化とは

 

そもそも、皮膚の老化というのは、

加齢によるおこる内因性のものと、

紫外線による光老化

の総和としておこります!

内因性老化

    色は白く
    お腹や背中
    細かいシワができる
    膠原繊維や弾性繊維が減少する

光老化

    顔、首、手、などよく光に当たる部分におこる
    色素沈着がおこり
    深いシワができる
    皮膚は粗くなる

 

この2つの大きな違いは、

光老化は、深いシワができること、皮膚のキメが粗くなることです。
老化で起こる加齢とは違うんですね!

更に日焼けをと長期間することで、皮膚がんになる可能性も高くなってしまいます。

なので、1年中日焼け対策は大切なんです!

光老化を起こさないためにも、まずすること!

日焼け対策

 

「紫外線環境保険マニュアル2015(環境省作成)」では、以下のような紫外線対策を示しています。

(1)紫外線の強い時間帯を避ける

(2)日陰を利用する

(3)日傘を使う、帽子をかぶる

(4)袖や襟のついた衣服で覆う

(5)サングラスをかける

(6)日焼け止めを上手に使う

 

 

詳しくはこちらを見てみてください↓

 


しっかりと日焼け対策をして、光老化を防ぎましょう!!



おすすめの記事