ただ単に「貧血ぎみだ、ふらふらする」と
といっても、貧血がおこるにはさまざまな原因があり、思わぬ病気が隠れていたりします。
今回は若い女性に多い貧血、原因や予防法をご紹介したいと思います

貧血とは

『血液中のヘモグロビン(酸素を運ぶ物質)が

基準より下回る状態』

です。
ヘモグロビンの値は、病院の採血にて簡単に測ることができます。

WHOで定義されている貧血の基準は、

貧血の基準(WHO)
成人男性 Hb(ヘモグロビン):濃度13g/dl未満
成人女性・子供 (6~14歳):Hb濃度12g/dl未満
妊婦・幼児(6ヶ月~6歳):Hb濃度11g/dl未満

月経などで毎月出血を伴うため、男女で基準値も変わってきます

貧血による症状

貧血は、定義で書いてあるように、酸素を運ぶヘモグロビンが不足している状態です。

私たちの体は数十兆個の細胞でできています。その細胞が正常に働くには酸素が必要です。しかし貧血で、酸素が体に行き渡らないと、細胞が正常に機能してくれません。

そのため、貧血では全身に様々な症状が現れます。

臓器の酸素不足による症状

頭痛、めまい、失神、耳鳴り

心臓

狭心症(心臓に必要な血液がたりていない)

筋肉

疲れやすくなる、体のだるさ、脱力感

また、酸素がたりず、それを補おうとすることでおこる症状はこちらです

息切れ(呼吸の数が増え)

心臓

動悸、頻脈など、進行すると心不全になることもあります

原因

貧血の原因には
・再生不良性貧血
(そもそもヘモグロビンが作られない病気)

・骨髄異形成症候群
(異常な細胞が増えてしまう病気)

・赤芽球癆
(赤血球が成長できない病気)
などがありますが、

特に若い女性に多いのが鉄欠乏性貧血です

鉄欠乏性貧血について

ヘモグロビンを作るのにが必要です。
この鉄不足によって、ヘモグロビンが作られず、全身に必要な酸素を運ぶことができないことで全身に様々な症状が現れます

女性の約10%がこの鉄欠乏性貧血だといわれています。

原因

鉄欠乏

若い女性では過度なダイエットや偏食によって栄養バランスを考えられていない食事をとっていることがあります

過多月経や婦人科系の病気(子宮筋腫など)による出血

正常より多い月経血を繰り返すことによって、貧血を起こします

妊娠中・授乳中

お腹の中の赤ちゃんや、授乳により、普段より多くの鉄分を必要とするため

子供の成長期

筋肉や、骨格の発達に伴い、鉄の需要が増します

症状

上に書いた、貧血の症状に加えて、鉄分が不足していることによって

・皮膚や粘膜の障害

皮膚や粘膜といった細胞の再生が早い部位での鉄不足が顕著になり、
舌炎、口角炎や食道粘膜が障害されることで物が飲み込みづらくなったりします

胃の粘膜にも病変がおよび、萎縮性胃炎をおこします

・異食症

鉄分が不足することにより、食べ物の好みの異常がおこり、氷や土などを好んで食べることもあります。

治療法

原因をしっかり把握して鉄分をしっかりとることが大切だと考えます

予防法日々できる予防法
バランスの良い食事をとること

 ポイント
1.鉄分の多い食料をとること
2.赤血球やヘモグロビンの元となるタンパク質をとる
3.造血や鉄の吸収に必要なビタミンCや葉酸をとることです

鉄分の多い食品
肉類(特にレバー)
カツオ
イワシ
マグロ

これはコレステロールも高くなってしまうので注意が必要です

更に

あさり
大豆
ひじき
ほうれん草

これらは吸収率が悪いので、ビタミンCが多く含まれる食事と一緒にとるといいです

ちなみに、
ビタミンCを多く含む食材
アセロラ
ピーマン
キウイフルーツ
みかん
ばなな
れもん
いちご

などです

それでも貧血が進む場合には、なにか体の中で貧血となる原因があるかもしれません。
病院での鉄不足の治療は、鉄剤を飲むことが第一選択です。病院でしっかりと検査を受けて原因を見つけてみてください。

過多月経の場合は婦人科の病院を受診して、異常が無いか確認してもらってみてください

最後に

たんに貧血といっても思わぬ病気が隠れていることもあります。
安易に考えずに、おかしいな?とおもったら病院へ行ってみてください

おすすめの記事