先日、いきなり腹痛に悩まされたんだけど、原因がわからず、病院にいくべきかも分からなかったんです

単に腹痛といっても、軽症で安静第一のものから緊急の手術が必要なものまで幅広くあります。

今回は、腹痛の見分け方や緊急性の有無、病院で医師に伝えてほしいことについてお話したいと思います。

腹痛について

単に腹痛といっても、場所や痛みの始まった契機、持続時間や症状、もともとの病気などからさまざまな病気が推測できます。
まずは、痛む場所別でみる腹痛をおこす疾患についてみていきます。

どこが痛いですか?

※赤字は緊急性がある疾患です。

お腹全体
・便秘
・過敏性腸炎
・腸閉塞
・消化管穿孔
・急性膵炎
・上腸間膜動脈閉塞
みぞおち(心窩部)
・虫垂炎
・逆流性食道炎
・十二指腸潰瘍
・急性冠症候群
(不安定狭心症、心筋梗塞)
・急性膵炎
右上腹部
・急性胆炎
・胆石症
・肝膿瘍
・総胆管結石
左上腹部
・虚血性腸炎
・急性膵炎
・大動脈解離
・食堂破裂
右下腹部
・尿管結石
・ヘルニア
・虫垂炎(盲腸)
・異所性妊娠
・精巣・卵巣捻転
左下腹部
・尿管結石
・ヘルニア
・虚血性腸炎
・異所性妊娠
・精巣・卵巣捻転

このように腹痛の場所によって大まかに疾患を分けることができます。

更に、痛みに移動や痛みの契機、ほかの特徴がある場合は大きなキーポイントとなります。

キーワードで原因を探る

・みぞおち(心窩部)から右下腹部への移動
虫垂炎(盲腸)
虫垂の部分に糞石や食べ物残渣などがたまり、そこに細菌感染をおこしすことで腹痛を起こします

 

・油っぽい食事をした後の腹痛
胆石症、急性胆嚢炎など
もともとあった胆石が高脂肪食をきっかけとして、胆嚢が収縮することで胆石が細い管などに挟まってしまうことで腹痛を起こします

 

・背中も一緒に痛む
大動脈瘤・大動脈解離など
大動脈にの膜に解離がおきたり、大動脈にコブができることで腰痛と腹痛を起こします。

 

・食事やストレスで腹痛がおこる
排ガスや排便で症状が軽くなる
過敏性腸症候群
脳がストレスを感じ取り、腸にその刺激を与えることで腹痛や不快感、下痢便秘を起こします

 

・便が数日でていない
便秘症
便が腸に溜まることでガスもたまったり腸管が拡張することで腹痛がおこります

 

・不特定数の性交歴
性病感染から起こる腹膜炎
性器にウイルスが感染してから腹部まで感染が広がることで腹膜炎を起こして腹痛がおこります

 

・妊娠の可能性
→流産・早産・異所性妊娠

 

・手術歴がある
手術後に腸管の癒着
様々な原因って腸管が閉塞し、内容物の通過障害がおこり、腹痛がおこります。

 

・下痢を伴う
急性胃腸炎、他感染症など
傷んだ食べ物によってウイルス感染により腹痛がおこります

 

・頻繁に痛み止めを飲んでいたり、ピロリ菌感染がある
胃・十二指腸潰瘍
長期的に胃の粘膜の保護する作用と攻撃する作用のバランスが崩れることで腹痛がおこります

 

・サバやイカを食べた後
アニサキス症

など、様々な疾患が考えられます。

ただし、妊婦、子供、高齢者や精神病やアルコール依存症の方では、症状に気づきに聞くかったり、典型的ではない症状がでることがあるので要注意です。

いつから痛いですか?

急激に始まったのか、1.2週間前から徐々に痛み始めたのかは、大きな違いです。
緊急を要する疾患としては急激に始まった痛みで始まることが多いです。

緊急性のある腹痛

それではここで、早急に病院へいくべきか、緊急度の高い可能性のある特徴をお伝えしたいと思います。

・急に始まり、短時間で激痛になる
・痛みの為、寝ていても起きてしまう
・吐血や下血がある
・腹痛が出てから排便や排ガスができていない
・お腹が板のように固くなっている
・妊娠の可能性がある
・心房細動や心筋梗塞など、心臓の病気を抱えている
・子供が精巣部分を痛がっている
・糖尿病やもともと血糖値が高い人におきた
・意識障害を伴う

診察で医者に伝えて欲しいこと


・痛みはいつから始まったのか
・痛みの契機、始まり方
・痛みの部位、移動はあるか
・随伴症状
腹痛には、発熱、吐き気、嘔吐、下痢、吐血・下血、黄疸(皮膚や眼球が黄染する)などが一緒におこることがあります。
それらの一緒に起きた症状(随伴症状)
・食事内容
とくに、生物や肉、魚など
・通院歴、手術歴や今飲んでいる薬

最後に

単にお腹が痛いといっても、消化器から婦人科、その他の科まで、幅広く疾患が考えられます。
怖いのは、夜間に急激に痛くなり病院にいくも、専門医がいない状況です。

もともとのご病気で通院している方はしっかりと腹痛や緊急時の対応を確認しておいてください。
また、普段なにか腹部のことで気になっている方は日中に専門の医師に診てもらうことをお勧めします。
病院に行った際には、適切な治療が受けれるように、正しい、必要な情報をを医師に伝えてください。

おすすめの記事