メニエール病って何?
病気になったら仕事できなくなる?

 

それではお答えしていきたいと思います。

芸能人の方が闘病していることで、話題になったこの病気。
NEWS今井翼、メニエール病再発で入院
今回はこのメニエール病がおこる原因や治療法なとをお伝えしたいと思います。

メニエール病(Meniere病)とは

・突然ぐるぐるした(回転性)めまい
・耳鳴り
・難聴

を特徴とした発作10分程度から数時間程度、年に数回から週 2~3 回程度おこります。

この発作を繰り返すにつれ、難聴は悪化していく傾向にあります。
また、これらの症状を何度も繰り返すことが特徴的な病気です。

難聴は、初めは耳が塞がった様な違和感と低い音が聞きづらい、更に耳鳴りを伴ったぐるぐるとしためまいの症状から始まります。
このめまいによって吐いてしまったり、吐き気があることもあります。
これらの症状を繰り返して、だんだん高い音も聞き取れないようになってきます。

日本の患者数は35,000〜50,000人と言われています。

原因

耳の中でおこる※内リンパ水腫が引き金になっているのではないかといわれています。

 ※内リンパ水腫とは
私たちの平衡感覚は、耳の奥にある内耳と言われる場所で感じられます。
内耳は蝸牛、前庭、半規管といわれる管の様なもので構成されています。
その中に内リンパ液という液で満たされています。この内リンパ液の流れを、前庭や膨大部といわれる部位がが感じ取ります。
これによって脳に伝わる神経に刺激が伝わり平衡感覚を司ることができます。
しかし、内リンパ水腫とは、このリンパ液がなんらかの理由でいっぱいになってしまい、正常通り、平衡感覚を脳へ伝えることができず、めまいがでると考えられています。

この原因として
・ストレス
・自律神経障害
・血行障害
・内耳(耳の奥)の代謝障害
・内耳の発育不足
・ウイルス感染

と考えられていますが、はっきりとはわかっていません。
根本的な原因が不明のため、厚生労働省の特定疾患に指定される難病です。

検査

病院にて、平衡感覚や難聴の確認をします。
症状がではじめた頃は、低音が聞き取りにくくなることが多く、また片耳に発症することも特徴なので、その確認をします。

治療

一般的には、発症後 約2年程度で軽快する人とめまい発作が続き、重症化する人にわかれます。
重症化する場合には10年ほど症状が続く場合があり、生活や仕事をする上で大きな問題となります。

主な治療法は安静と薬物療法です

発作がでているとき

安静・鎮静薬(酔い止め作用)・吐き気を抑える薬

症状のないとき

発作が起こらない様に予防をします。
・ストレスなどの生活を変える
・リンパ水腫を抑える

(利尿薬、血管拡張薬、循環改善薬や自律神経調節薬を使います。)

これらの治療で治らないときは、手術で内リンパ水腫を取り除きます。

また最近では有酸素運動や加圧療法が有効と言われています。

最後に

何度もあらわれるめまいや物音が聞きづらいなどの症状がある場合にはメニエール病の可能性があります。
また、メニエール病ではなくてもめまいのみが続く場合などは他の病気が考えられます。

気になる症状があれば病院で検査を受けてみてください
一人で悩まずに、まず近くの医師に相談しましょう

おすすめの記事