最近、以前よりも生理痛がひどくなってきちゃった。

わたしは経血が多い気がするのこれ病気かしら?

それ、もしかしたら『子宮筋腫』かもしれみせんよ。
あまり認知度は高くはありませんが、妊娠できる年齢の女性の約20~30%にみられると言われています。
それでは説明していきますね。

子宮筋腫とは

子宮を構成する筋肉(平滑筋)に発生する良性の腫瘍です。
発生には女性ホルモンであるエストロゲンが関与します。

実はこれ、認知度は低いのですが妊娠可能な年齢の女性の約20~30%にみられ、婦人科の病気の中で最多とも言われています。

種類

ほとんどは子宮体部から発生し、発生する発育の方向によって大きく3種類に分けられます。

子宮筋腫は1つだけできるのではなく、大半は複数個ある場合があります。それも、粘膜下筋腫、筋層内筋層、漿膜下筋腫がそれぞれ混合されることもよくあります。

症状

筋腫の大半は全く症状がなく経過しますが、筋腫が大きくなることで月経血が増えたり、生理痛が重くなったりと症状がでてきます。

主な3徴は

1.月経血の増加
2.月経困難症
3.不妊

これに加え、
・経血増加による貧血
・不正性器出血

筋腫が周りの臓器を圧迫することで様々な症状がおこります。

・下腹部の膨らみ
・下腹部痛
・頻尿…膀胱の圧迫
・腰痛…腰の神経の圧迫
・便秘…直腸の圧迫

が起こります。

とくに月経困難症が見られる場合は、子宮内膜症が合併してたある場合があります。

検査

病院で医師による内診によって子宮の形が不整であることが確認されます。

 ※内診
医師よって直接子宮を触知します。

また、超音波やMRIといった機械で画像的に子宮の形や筋腫を確認します。

治療法

筋腫の大きさや症状の有無などによって大きく治療法が異なります。
また子宮筋腫は良性の腫瘍ですが、悪性の腫瘍(がん)と見極めることがとで大切です。

代表的なのは以下の3つです、

・経過観察
偶然、病院で見つかったりとくに症状の出ていない初期段階、または明らかに良性である場合は経過観察。定期的な検診も行います。

・薬物療法
ホルモン剤を利用して、エストロゲンの分泌を抑えることで筋腫の増大を防ぎます

・手術
筋腫を取り出したり、場合によっては子宮を全て取ってしまうこともあります。
これは妊娠希望の有無や筋腫の大きさなどを考慮して行います。

子宮筋腫は女性ホルモンである、エストロゲンで大きくなるので、閉経してしまうと筋腫は小さくなる傾向があります。
それでも増大し続ける場合は悪性の腫瘍の可能性もあります

最後に

・月経血が増えた
・最近生理痛が強くなった
生理痛に加えて、
・頻尿
・腰痛
・お腹の腫れ
・便秘気味
・尿が出にくい

などの症状がある場合には子宮筋腫の可能性があります。


薬で生理痛の痛みをおさえていても、根本的な生理痛の原因はとれてはいません。
適切な治療をしないと、不妊の原因にもなりかねません。

生理痛や月経のことで心配なことがあったら、近くの婦人科に尋ねてみてください。一人で悩まず、ちかくのかかりつけ医を頼ってみましょう

おすすめの記事