今、乳がんが増えているんです。
アイドルやアナウンサーの方が乳がんにかかったこともニュースになっていますね。

そう、乳がんは発症のピークは50代なんてすが、20代でも起こりうるガンです。

そして、乳がんはいま年々増加しており、女性のガンのとしては第1位です
日本人の20人の1人が乳がんになると言われています

そこで今日は乳がんを予兆する5つサインとリスク、自宅でできる簡単な確認方法をご紹介します

これがあれば乳がんを疑う

1乳頭の陥凹

ガンが進行することにより、乳頭のしたの組織ががんに引っ張られて、乳頭が陥凹します

2乳房皮膚の陥凹、ひきつれ

ガンが皮膚のの組織を巻き込んで、収縮した際におこります

3乳頭からの分泌物

乳頭につながる乳房内の管の中にガンが存在することでおこります

4乳房皮膚の発赤

乳房内のリンパ管が閉じてしまうことにより、乳頭を中心として、乳房全体が腫れたり、赤くなります

5乳房、脇の下のしこり

ガンがそのものをふれることでしこりとして感じることがあります
脇の下のリンパ節に転移して、進行した際には脇の下にも触れることもあります

続いて乳がんのリスクです

乳がんのリスク

1食事の欧米化による肥満

(閉経前の女性は肥満はリスクを減らすと言われています)
エストロゲンと言われる、女性ホルモンの分泌が過剰になります。


乳がんは、このエストロゲンの作用によって増えるといわれています。

2晩婚化、少子化

初産が30歳以上、出産授乳経験がない、少ない
それによって、乳がんを増殖させてしまうエストロゲンにさらされる期間が長くなります

3遺伝因子

家族に乳がん患者がいる
遺伝的に乳がんになりすい

4たばこ、飲酒

次に、自宅でできる乳がんの確認方法をご紹介します

誰でも自宅でできる乳がんの確認方法

乳がんは外から触ってわかるガンです。
病院にいってもまず行う検査は見て、触って確認することです

これはみなさん、ご自身でも自宅でできることなのでぜひやってみてください

1見る

少し前かがみになってみたりして、胸を張った状態で乳房を観察します

 チェックポイント
1 くぼみ
2 ひきつれ
3 左右の違い

2触る

胸を張った状態で、触る乳房の腕を少し後ろがわに引き、
反対の手で指3.4本をそろえて胸を外から【の】の字を書くように動かします

 チェックポイント
しこり
こんにゃくの下に豆を置いて触ったような感覚です

3しぼる

乳頭をつまんだり、乳房をかるくしぼって乳頭から分泌物がないか確認します

 チェックポイント
乳頭からの分泌物
とくに血が混じったような分泌物は注意です


ぜひ、毎日確認して、変化があればすぐに医療機関に受診してください

乳がんは進行が比較的遅いので、早期に発見することができれば、治療方法の選択や決断に時間をかけることもできます。

また早期に発見することができれば、乳房を残して治療することも可能ですし、乳がんで亡くなることもほとんどありません。

その一方で、乳がんは進行してしまうと、たんぽぽの綿毛のように全身に散らばるガンでもあります。
そのため、乳がんは早期に発見し、治療をすることがとても大切です。
ガンの進行する早さはその人の年齢や、体質など個人差もあります

わたしの知り合いの方では、乳がん検診で異常なしと言われてから、たった6ヶ月後に乳房を切除しなければならないほどのガンになってしまった方もいるくらいです

というわけで、みなさん定期的に乳がん検査を受けてください

また、定期検診をうけたからといって、安心せず、自宅でも日々乳房のしこりなどの確認をしてみてください。

 

 

おすすめの記事