ピル飲むと生理軽くなるって本当?

わたしは生理軽くなったわ!

ピルってなんの作用があるの?

それではお答えしますね!

ピル(経口避妊薬)とは?

多様なメカニズムで妊娠を防ぐための、エストロゲンとプロゲステロンといわれる女性ホルモンの合剤です。

ピルによる避妊のメカニズム

妊娠をするには、卵子と精子の受精が必要です。
卵子は卵巣の中で成熟し、排卵後に子宮の卵管といわれる部位で精子と受精をおこします。

排卵を起こすには、脳の刺激から始まるホルモンの段階的な分泌により起こります。

脳の下垂体からでるLHやFSHといわれるホルモンが引き金となり排卵をおこします。

このFSHとLHは、エストロゲンなどのホルモンが足りないときに、脳からの刺激で分泌されます。そのため、ピル(エストロゲンとプロゲステロンの合剤)によって、脳がエストロゲンやプロゲステロンのホルモンは十分にあるので、分泌する必要がない!と判断し脳からの刺激を低下させてしまいます。
これによってLHやFSHの分泌が低下して排卵が起きません。

また、生理的には、エストロゲンとプロゲステロンは図のように時期によって分泌される量が変わり、子宮に作用しますが、
ピルのように時期に関わらず、同じ量の両ホルモンが作用することで、ホルモン自体の作用がうまくいかずに妊娠しにくくなります

また、このように非生理的にホルモンが体に与えられることで、精子が子宮内に通過しずらい状態を作ります。

ピルのメリットとデメリット

ピルによってホルモン動態が変わり、体の中でさまざまな影響を及ぼします。

メリット
・良性乳房疾患⬇︎
・子宮体癌⬇︎
・子宮内膜症の症状緩和
・月経困難症・月経前症候群の改善
・卵巣癌⬇︎
デメリット
・脳卒中⬆︎
・喫煙者の心臓疾患⬆︎
・消化器症状⬆︎
・子宮頸がん⬆︎
(5年以上使っているとき)
・静脈血栓塞栓症⬆︎

このようなメリットもあるので、ピルは避妊以外の目的で使われることもあります。

こんな人は使っちゃダメ

経口避妊薬によって血管内で血が固まりやすくなってしまう(血栓)ため、もともと血栓が出来やすい人やリスクのある人には経口避妊薬の使用を認めていません。

ピル使用禁止の人
・35歳以上で1日15本以上タバコを吸う
・血栓症、高血圧、糖尿病がある
・産後4週間以内
・授乳中
・手術前後でベッドに長くいる人

ピルを飲むことで、メリットもたくさんありますが、副作用もあることを忘れないでくださいね!

さいごに

ピルは、日本ではまだまだあまり普及されていません。それも、ピルへの間違った知識を持っているからではないかと思います。
ピルは正しく使用すれば、高い避妊効果を発揮し、他にもたくさんのメリットがあります。
ピルのことを正しく理解して、使用するか迷った際には、お近くの婦人科を受診してみてください!

おすすめの記事