美肌や美白にもなり、ダイエットも効率よくできる食べ物はどれ?


正解は、、、、トマト!

トマトは体に

たくさんのメリットをもたらしてくれるんです。

 

それでは、説明していきますね。

トマトに含まれる成分

トマトにはリコピンだけでなく、食物繊維やレモン1個分よりもより多いビタミンCや、 ビタミンA、ビタミンH、Pが含まれます。

リコピンってなに?

主にトマトに含まれるリコピンには、赤色や黄色の色素成分、カロテノイドのひとつです。
リコピンはそのカロテノイドの中でも老化を防ぐ、抗酸化作用が高い事で知られています。
なんと、同じ抗酸化作用をもつビタミンEの約100倍!!

抗酸化作用ってなに?

老化の原因ともなっているのが酸化です。
酸化=錆びるというと、イメージつきやすいでしょうか。
体に送り込まれた酸素が、酸素の中でも特に酸化力が強い酸素が活性酸素となり、体の中に⽼化現象を引き起こします。


それによって、体の中の細胞や血管に影響を与え、動脈硬化やガン、心筋梗塞などを引き起こします。
これらの酸化作用に対抗するのが抗酸化作用をもつカロテノイド群!
その中でも得にリコピンはとても強い抗酸化作用をもたらします。
この抗酸化作用によって、老化現象を抑えたり、生活習慣病の予防をすることができます。

トマトを食べるメリットは?

 

1紫外線から体を守る

私たちの体は、紫外線に当たることで活性酸素が生じます。これが原因の1つとなり、皮膚にシミやシワなどの大きなダメージを与えることになります。
そのため、トマトを食べてリコピンを摂取することで、皮膚を紫外線のダメージから防ぎます。

2ビタミン、ミネラルを補給する

トマトにはリコピンだけでなく、食物繊維やレモン1個分よりもより多いビタミンCや、 ビタミンA、ビタミンH、Pが含まれます。

3脂肪燃焼効果がある

トマトの果汁には【13-oxo-ODA】
とよばれる、脂肪燃焼に効果のあるリノール酸が含まれていることが発見されました。
この摂取によって、脂肪燃焼に働くタンパク質が肝臓で作られ、血糖値が低下します。

どのくらいトマトを食べればいい?

毎日、リコピンの推奨摂取量を考えると、1日15〜20mg以上と言われています。
大きいトマトだと1日2個、ミニトマトだと1日15個以上は食べないといけないんです。
ちょっと厳しいですね。
毎日リコピンを効率的に摂取するなら「トマトジュース」がおすすめです。

トマトジュース特有の酸っぱさなどが気にならず、たった1本で30mgのリコピンがとれるこのトマトジュース(伊藤園)がおすすめです。

これを飲んで1週間でなんとなく肌の調子が変わった気がします。
是非みなさんも効率よくトマトを摂取して、美肌を手にいれましょう。

CHECK今までのクイズ一覧はこちら