みなさん、生理痛の薬は何を飲んでいますか?

生理痛の薬を安易に選び、飲んでいませんか?

薬の成分、ちゃんと理解していますか?

市販薬としても売られているロキソニンは、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)ともいわれ、これは生理痛の痛みを抑えるだけでなく、さまざまな作用がある薬です。

それではこれからご自身でしっかりと理解をしておきましょう

 

ロキソニンにはどんな作用があるのか?

ここで、ロキソニンの作用機序である、アラキドン酸カスケードをご紹介します

 

アラキドン酸とは、細胞の膜をつくる脂質の一種です。
このアラキドン酸を原料として、体の生理機能を調節したり、炎症部位に反応して炎症を抑える作用を促したりします。

上の図のように、

正常なところには

アラキドン酸は、正常な場所では胃の膜を守ったり、腎臓の血流などの調節をしたりします

これはCOX1(シクロオキシゲナーゼ1)といわれる体内の酵素が関与します

 

炎症が起きているところには

アラキドン酸はPG(プロスタグランジン)となり、炎症をおこしたり、発熱、痛みを起こします。

これにはCOX2と言われる酵素が関与します

 

生理痛は後者のCOX2が作用することでおこるので、このCOX(シクロオキシゲナーゼ)系を止めてれば、痛みなどがおさまる!

と開発されたのが、このロキソニンです。

 

COXの働きを抑えようとするあまり、COX1と2両方に作用してしまい、生理痛はおさえられるが、胃の膜を守る作用も減ってしまうために、胃の不快感や痛みを感じる人もいるんです。

それではCOX2のみの働きを抑える薬をつくればいいんじゃないの?と思いますよね

そこでできたのがセレコックスです

セレコックスはロキソニンに比べてCOX2の働きを優位に抑えます。

そのため、胃の膜の保護作用を妨害せずに、痛みのみとってくれます。

 

このセレコックスも、完全にCOX2のみを抑えるというわけではないので、個人差もありますが胃の症状かないわけではありません。

それでは、ロキソニンとセレコックスの違いを簡単にまとめておきます

ロキソニンとセレコックスについて


どちらもメリット、デメリットはありますね


またロキソニンを飲み続けていると胃がだんだん荒れてきて

胃潰瘍や十二指腸潰瘍になることもあります。

若い方では比較的稀ですが、セレコックスでこの発生を抑えることもできます。

またロキソニンを飲む際には胃の粘膜を守る薬などを併用することもお勧めします。

 

ご自身でお薬を決めている方はお薬を一回見直して見るのも良いかもしれません。

薬は、痛みや、苦痛を抑える一方、他にも作用があることを忘れないでください、

わからないことなどあれば、 お近くのクリニックにてご相談してみてください

おすすめの記事