痛み止めを飲んでも痛みが治まらなかったり、

最近経血の量が多い

異常に長く続く生理痛ってありませんか?

実は、生理痛って病気が隠れていることがあるんです。
もしかしたらそれ、子宮内膜症かもしれません。

 

子宮内膜症とは?

なんらかの原因によって子宮膜様の膜が子宮以外の他の場所にできてしまう病気。

 

 

え?!なにがおこるの??

先程も述べた通り、
子宮の膜に似た膜が子宮以外の場所に発生してしまう病気です

これがなぜ問題になるかというと、

月経の時に、経血として出るのがこの子宮内膜なんです。

月経の1ヶ月のサイクルの中で、妊娠準備のために厚くなった子宮の膜を体外へだします。

 

この膜が子宮以外にあるので、子宮以外のところから月に一回、経血が出ることになります

 

これは妊娠できる年齢の女性の約10%にみられるといわれています

 

 

 

症状は?

 

子宮内膜症の特徴
月経を重ねるごとに強くなっていく月経痛

 

月経痛が増加する理由として

お腹の中で炎症を繰り返すことでプラスタグランジンという子宮を収縮をするホルモンが必要以上に分泌されます。それによって月経痛が強くなります。

発生する臓器によってが変わってきます

 

子宮の後ろ(ダグラス窩)に発生すると

子宮の後ろで直腸の前にある、ダグラス窩といわれる部分に発生すると、

慢性的な骨盤痛、月経痛、性交痛、排便痛や腰痛がおこります。

また、不妊の原因になることもあります。

 

卵巣におこると

卵巣におこると、月経ごとに繰り返す経血が卵巣に溜まることで、茶色っぽくなり、チョコレート嚢胞ともいわれます。

卵巣が大きくなることで、まわりの卵管や子宮と癒着したり、卵管の閉塞がおこることで不妊の原因にもなります。

卵巣はもともと広がりにくい臓器なので、月を重ねて経血がたまっていくと、強い痛みを伴います

 

骨盤の外にできると

更に、子宮の膜が稀にですが、骨盤の外をでて発生すると以下のような症状をもたらします

 

:血痰(口から血を吐く)、気胸(呼吸が苦しくなる)

小腸:下痢、腹痛

膀胱:血尿、頻尿、尿管閉塞

臍・鼠蹊部:疼痛、出血

検査方法は?

検査方法は、内診といって実際に医師が直接確認する、

エコーやMRIという画像検査で確認です。

 

治療法は?

 

重症度、年齢、発生した場所、妊娠希望の有無などで治療方法が変わります

ピルやホルモン剤をを飲んで、ホルモンバランスを整えます

 

他臓器との癒着が激しかったり、ホルモン剤での治療で効果が得られなかった場合は手術になることもあります。

 

 

いずれにせよ、

子宮内膜症が疑われた場合は、しっかりと検査をして、治療をうけましょう!

 

まとめ

 

月経を繰り返す度に重くなっていく生理痛
性交痛
腰痛
排便痛

の症状がでたら、子宮内膜症かもしれません。

これは10人に1人になる病気なので、珍しいものではありません

女性でしたら誰でも起こりうる病気です。

気になる症状があれば、一人で悩まないでお近くのレディースクリニックあるいは婦人科にかかってみてください

おすすめの記事