全身性エリテマトーデス(SLE)とは?

全身性エリテマトーデス
SLE (Systemic Lupus Erythematosus)

若い女性(10〜30歳代)に多い、遺伝的素因を背景に、ホルモンの異常やウイルス感染がひきがねとなることで、自分の細胞に対する抗体(抗核抗体)が産生されることで発症します。
この疾患は慢性的に発症するものであり、全身の臓器に病変を呈します。
日本での患者の数は年々増加していて、現在全国で5万人いると言われています。

NEWSアメリカで有名な歌手のセレーナ・ゴメスさんもこのSLEと闘病していることでも有名ですね。

それでは今回は、この全身性エリテマトーデス(SLE)の説明をしていきたいと思います。

発症の機序

遺伝的要素にほかの様々な誘因が加わって、自己抗体が作られます。
この自己抗体によって、慢性的な炎症がおこり全身に病変を起こします。

現れる症状

全身症状

発熱、体のだるさ、疲れやすさ、食欲不振など

皮膚粘膜症状

・蝶形紅斑
もっとも有名な症状です。頬がが蝶形に紅くなります。触ると、発疹が重なって少し盛り上がっているのが特徴です。

・円板状紅斑(ディスコイド疹)
丸くディスク様の紅斑ができます。狼に噛まれたような跡のような皮疹です。
この紅斑は、顔面、頭部、関節背面などによくみられます。

・脱毛
・光線過敏


日光浴などをした後に皮膚が赤くなったり、水ぶくれができたり、熱が出る人もいます。

・口内炎
痛みが無く、口の奥、頬の粘膜にできます。ときに痛みが伴います。

・Raynaud(レイノー)現象

手、足指の皮膚の色が正常→白→紫→赤→正常と変化します。これは指の血管が発作的に収縮するとことで起こります。

関節症状


手・指の関節や肘、膝などの関節に炎症がおこります

心臓・肺症状

・漿膜炎(心膜炎、胸膜炎)
心臓や臓器をつつむ膜に炎症がおこります

そしてSLEの病気の左右するのは、以下の2つです。

腎症状

ループス腎炎とも言われます。SLEの50〜60%に血尿やむくみ、タンパク尿が現れます。進行すると末期腎不全になることもあります。

精神・神経症状

うつ病、認知症やけいれんなどの症状が出ます

このように、様々な臓器に症状が現れますが、すべての症状が皆に起こるわけではありません。
臓器障害のない、軽症の人もいます。

検査


採血で、白血球、赤血球、血小板が低下します。また、抗核抗体が上昇します。

治療

病態の進行症状によって治療法が変わります
まずは安静や日光に当たるのを避けます。

・ステロイドを中心に治療しますが、重症度にあわせて量を変えていきます
・ステロイドでも治療がうまくいかなかったり、使えない場合は免疫抑制剤をつかいます。
・発熱や関節痛のみでその症状を抑えるのみの場合は抗炎症作用の薬を使います。

また腎臓病変が進んでいる場合には腎臓移植を行う場合があります。

まとめ

日光浴後に皮膚が赤くなったり、症状が出ることがきっかけでこの病気が見つかることもあります。

治療は何にせよ、早い方がいいです。
気になる症状があったら是非病院へ行ってみてください

これをやれば予防できるというものは明らかにされていませんが、このような病気がおこりうることを知っておいてください。
そしてあなたの周りの誰かがSLEになった時に、その症状を理解して接してあげられるようになればと思っております。

おすすめの記事