最近某有名な芸能人が腹痛を訴えて、胆石症であったニュースが出ていましたね。
NEWS所ジョージが胆石症で緊急入院していた!

胆石症ってお腹がとても痛くなるんですが、実はそれだけではないんです。
もっと怖い病気になってしまってしまう可能性があるんです。
今回は胆石症について知っておいてほしいことと、胆石症から起こりうる怖い病気についてお話したいと思います。

まず、胆石症って?

胆石とは、胆道系といわれる、肝臓※胆嚢十二指腸とそれをつなぐ管のあたりに石ができてしまうことで起こります。

場所にやって、胆嚢結石、胆管結石、肝(臓)結石とわけられます
この中で一番多いのは胆嚢結石です。
胆石があるからって必ずしも症状が出るわけではありません。
この胆石が臓器をつなぐ管など、狭い場所にはさまってしまうことで、腹痛が起こります。

 ※胆嚢(たんのう)ってなに?
胆嚢とは肝臓から分泌される胆汁(脂肪の消化・吸収促進をする汁)を濃縮したら
、貯めることで十二指腸へ排出する器官です。

胆石ってどうやってできるの?

胆石は主にコレステロールができるものと、その他のものがありますが、今回は最も多いコレステロール結石について説明します

コレステロール結石ができる理由
大きく3つの要因があります
・コレステロールが多い
・コレステロールの多い状態が長期化している
・胆嚢の機能がおちている
(妊娠、肥満、糖尿病、脂質異常症、急な体重減少、静脈栄養、脊髄損傷、胃の全摘出後)

コレステロールが高くなるのは以下の理由といわれています

コレステロールが高くなる理由
・脂質異常症
・脂肪肝
・肥満
・薬物(ホルモン補充療法、経口避妊薬)
・動物性脂肪などの高カロリーの食事

などといわれています。これをふまえ、コレステロール結石が出来やすい人を
5Fといい、
Forty(40歳代)
Female(女性)
Fatty(肥満)
Fair(白人)
Fecund(子供をたくさん産んでいる)

なんとなく胆石症の要因となるイメージはついたでしょうか。
次に胆石症の症状です

症状

とくに油っぽい食事をした後に以下の症状が現れます。

・食事後や夜間に急に起こった右側の腹痛
・吐き気、嘔吐
・右肩や右の背中に痛みがある


これが数十分〜数時間続きます。

某有名人はこの痛みを悶絶するほどの痛みだったと言っていましたね。
病院でも胆石症でくる方がいるのですが、本当に痛そうです、もがいています。

検査

病院では採血で炎症反応やGOT、GPTなどの肝酵素や胆道系酵素(ALP、LAP、γ-GPT)の上昇を確認します。
お腹にエコーを当てたりCTといわれる機械で体の写真をとることで胆石確認します。

治療

症状がない場合は、食事指導で終わることもあります。
食事は高コレステロール食や高カロリーの食事を制限します。
詳しくはこちらを参考ににしてみてください。

お腹が痛いなど症状が繰り返す時や、合併症が現れた際には、
内視鏡をしたり、外科的に手術をして胆石を取り除いたりします。

手術をしてしまえば原因である胆石がすぐに取れるので、腹痛はすぐにとれます。

合併症を伴う場合が危険!

胆石症はただ単にお腹が痛いだけでなく、
胆石が詰まることで、胆汁の流れが悪くなり、そこに細菌が感染することで炎症がおこることで、

・急性胆嚢炎→胆嚢穿孔→急性腹膜炎
・急性胆管炎

がおきて、炎症が激しくなることで胆嚢や十二指腸に穴があき(穿孔)して、お腹なの中に炎症が広まることもあります。

急性胆管炎になったら

・発熱
・腹痛
・黄疸(皮膚や目が黄色くなる)

重症の場合、
・ショック
・意識障害

が起こります。

胆管炎は、胆嚢炎よりも更に重い症状が現れます。腹痛だけでなく、意識障害や細菌が血液を通して全身に広がることでショックを起こしたりします。
これは胆管炎がおこると、胆管に胆石が詰まることで胆汁の逆流がおきて大きな血管へと渡り、全身へ菌が回ってしまうからです。
治療は基本的に入院です。

入院したら
点滴や鎮痛剤、内視鏡や手術が必要となります。

また、胆石が長期的にあることで、胆嚢がんになることもあります。
さらに肝臓や膵臓にもひろがる可能性があります。

まとめ

というわけで、単に胆石症といっても多くの病気が起こりうります。
・私生活で高脂肪食が多い方
・コレステロール値が高い方
・5Fにあてはまる方

要注意です。

私生活を見直し、右腹部のお腹の痛みが続くようでしたら、病院を受診してみてください

おすすめの記事